角栄商店街の先にある隠れた名店「美利河」にて日替わり煮込みハンバーク定食

皆さんどうも

川越の地域ブロガーの(@mimori_5046)わたるです。

今回は角栄商店街にある定食屋さん「美利河」を紹介します。

店主はイタリアン・フレンチレストランのシェフ歴が40年ある方。

ちょっと場所が分かりづらく、少し行きにくい店ではあるんですが、行って後悔がないお店です。


「美利河」ってどんなお店?

「美利河(ぴりか)」という店名は、アイヌ語で「良い」「美しい」「きれいだ」「立派だ」「豊かだ」を指した言葉です。

店の場所は、角栄商店街の先にあります。ここら辺は飲食店は少ないので貴重なお店です。

店内は黒を基調とした居酒屋スタイルのカウンター席もあれば、洋風っぽいテーブル席もあります。

店主さんはイタリアン・フレンチ・洋食屋のシェフを40年も務めた方なので、料理の味はお墨付きです

なので洋食も食べられますし、和食のメニューも多数ありました。

店主さんは優しい方で、接客を担当している女性の方も話し相手になってくれました。

美酒利のメニューはこちら!

メニューは店頭に貼ってあるので、店頭を見てみましょう。

鯖の味噌煮、酢豚定食、アジフライ定食、チキン南蛮……。

魚料理から肉料理まで豊富です。

ハンバーグ、メンチカツ、オムライスなどの洋食のメニューも豊富です。

イタリアン・フレンチ・洋食屋のシェフを40年も務めたというだけあってメニューにバラエティがありますね。


日替わり定食のハンバーグ(700円税抜)を注文!

ということで今回は「本日の日替わり定食」になっていたハンバーグを頼みました。

長細いお皿で運ばれてきて期待感が沸きました。色合いからしてこれ絶対旨いだろと。

スープ上になっているとは思わなかったので予想外でした。

ビーフシチューにハンバーグが入っているような感じですね。

デミグラスソースでじっくりと煮込まれていて、柔らかい、なおかつ肉汁の旨味が口のなかに広がります。

ハンバーグ自体も柔らかくてとても美味しいんですが、スープもとても美味しいです。

スープの旨味とコクがハンバーグを引き立てているような感じ。

スープに浸して是非食べてみてください。

ハンバーグの他には、ちょっとしたマカロニの前菜と味噌汁、食後のコーヒーもセットでついてきました。

これら全てを合わせて700円は満足度が高いですね。

美利河の口コミはこちら!

こちら霞ヶ関駅の角栄商店街を抜けたところにある小さなお店。
しかしどの料理もとても美味しいです。
ハンバーグ、パスタ、チキン南蛮、まぐろやお魚のトマト煮が特に大好き。マスターの専門はイタリアンだそうで、パスタなど洋食はもちろん、和食も味はもちろん見た目がまず美しいです。
付け合わせの煮物やお味噌汁もしっかりした一品となっており、普通の定食より格段に美味しいです。
お店はあたたかな雰囲気で一人でも気兼ねなく入れゆっくりできます。
場所が駅からも離れていますし、ちょっと不便ですがわざわざ行く甲斐のあるお店だと思います。霞ヶ関の貴重なお店ですね。

食べログより引用

店舗情報

  • 店名:美利河
  • 住所:〒350-1109 埼玉県川越市霞ケ関北6丁目21−2
  • 営業時間 :11時30分~14時00分, 17時00分~21時00分
  • 電話番号:070-6475-6253
  • 定休日:水曜日


ということで定食屋さんの「美利河」さんについて書かせて頂きました。

場所はちょっと分かり辛く、少し行きにくい店なのですが、行って後悔しないお店です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA