小江戸川越で紫陽花の名所巡り。紫陽花が見れるスポットをまとめて紹介。

6月は、梅雨で少し気分が落ち込みがちですが、紫陽花の見頃の季節でもあります。

今回は、川越で見られる紫陽花の名所を紹介します。



「川越で紫陽花の一番の名所」川越八幡宮

川越で一番の紫陽花の名所といったら「川越八幡宮」です。

川越八幡宮は、長元3年(1030)に甲斐守源頼信によって、創祀された神社。

場所はクレアモールの裏にあります。

「川越八幡宮」の特徴は入口にある灯篭ですが、この灯篭の辺りに紫陽花が数多く咲いています。

赤色と、紫陽花の花の色、生い茂る緑と絶好の撮影ポイントになっているので、是非、写真に収めてみて下さい。

境内の前にも紫陽花が咲いています。

住所

  • 所在地:〒350-0045 埼玉県川越市南通町19−3

「徳川家光に由来のある」喜多院

喜多院は、慈覚大師が830年(天長7)に建てた天台宗のお寺です。

あの徳川家光にも縁があります。

境内の慈眼堂の付近に紫陽花が咲いています。

春には桜、秋には紅葉の名所でもあります。

住所

  • 所在地:〒350-0036 埼玉県川越市小仙波町1丁目20−1




「徳川家康を祀っている神社」仙波東照宮

仙波東照宮は、徳川家康を祀った神社です。

喜多院の隣にあって道も繋がっているので、そのまま進めば行けます。

普段は境内には入ることができませんが、辺りには紫陽花がたくさん咲いています。

住所

  • 住所:〒350-0036 埼玉県川越市小仙波町1丁目21−1

熊野神社の入口付近の紫陽花

開運・縁結びの神さまで有名な熊野神社。

川越の熊野神社は連雀町の大正浪漫夢通りの入口にあります。

画像の紫陽花は入口付近で見ることができます。

川越の街並みと一緒に撮影できるイチオシの撮影スポットですよ。

住所

  • 所在地:〒350-0066 埼玉県川越市連雀町17−1

「川越氷川神社」の入口付近

縁結びスポットで有名な「川越氷川神社」の入口付近でも紫陽花を見ることができます。

彼氏彼女を連れて良縁を結びにいきましょう!

住所

所在地:〒350-0052 埼玉県川越市宮下町2丁目11−3


ということで川越の紫陽花について書かせて頂きました。

見頃の紫陽花を楽しんでみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA