「全国的にも有名な川越ラーメンの名店」絶品の「頑者」ラーメンが旨すぎる





皆さんどうも

川越在中25年以上の(@mimori_5046)わたるです。

「川越 ラーメン」といったら、川越発祥の「頑者」

連日、頑者の本店にはたくさんのお客さんが並んでいます。

頑者は埼玉県川越市を中心に、池袋、新横浜ラーメン博物館に展開している「つけ麺」の専門店。

中心の川越には、本店だけではなく、系列の店がいくつかあります。

今回は、川越にある美味しい「頑者」のお店をまとめて紹介します。

川越No.1の名店 「頑者」のつけ麺

まず川越といったら頑者本店のつけ麺。

頑者は、「極太麺×濃厚つけダレ×魚粉」という、それまでになかったつけめんのスタイルを確立し、その後活躍するお店に大きな影響を与えました。公式HP引用

つけ麺の「極太ストレート麺」のブームを引き起こしたのが「頑者」

麺は、讃岐うどんのようなもっちり感、パスタのアルデンデを両立したような麺

スープは、10時間以上煮込んだ鶏ガラのスープ&豚骨、煮干しと鰹ぶしを混ぜ合わせたWスープ。

どこにでもあるようなつけ麺のスープなんですけど、味わい深さが段違いでした。

バランスなのか、旨味を作り出す卓越した技術があるのか。

流石、川越No.1の名店でした。

店舗情報

  • 店名:頑者
  • 住所 : 〒350-0043 埼玉県川越市新富町1−1−8
  • TEL :    049-226-1194
  • 営業時間 :11:30~16:20(定休日 日曜)

創業200年以上の老舗、松本醤油を使用した「UNDERGROUNDRAMEN」

創業200年以上の川越の醤油の老舗、「松本醤油」さんの隣に「UNDERGROUNDRAMEN」さんはあります。

このお店の最大の特徴は、松本醤油の醤油を使っているところ。

醤油の風味と香り高さが段違いです。

中華そばはコシがある細ストレート麺。

コシのある麺と醤油の風味が合って、美味しかったです。

小麦は北海道の「ユメチカラ」

スープは、豚が埼玉県のブランド豚のサイボク、鶏は比内地鶏、名古屋コーチンなどなど。

醤油以外にも素材に力を入れているお店です。

中華そばは、コシが効いて美味しいですが、もりそばはもっちりした平打ち面でこちらも、美味しかったです。

店舗情報

  • 店名:UNDER GROUND RAMEN
  • 住所 : 〒350-0065 埼玉県川越市仲町10−13
  • TEL :   049-299-4593
  • 営業時間 :11:30~15:00 17:30~21:00(定休日 水曜)

 





ラーメンひかり

昼は豚骨スープ、夜は魚介&豚骨スープ。

上の画像は、お昼の部の「豚骨」ラーメンです。

ス―プも豚の旨味がしっかり感じるこってりした豚骨スープ、麺も流石の頑者、美味しかったです。

炙ってあるチャーシューが、香ばしくてボリュームがありました。

満足感があるラーメンでした。

席はお座敷とカウンターがあって、駐車場もあります。

駅から遠いので、車で行きましょう。

店舗情報

  • 店名:ラーメンひかり
  • 住所 :〒350-0834 埼玉県川越市鹿飼1426−6
  • TEL :   049-222-6039
  • 営業時間 :11:30~14:30 17:30~21:00(定休日 日曜)

 


以上です。

川越に来たら、是非、「頑者」に行ってみて下さい!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA